読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さっくんブログ (マジック・フラリッシュ)

洋楽とマジックが大好きな少年のブログ フラリッシュ解説 マジック実演など

If you can dream it,you can do it.

 さあどうもこんばんはさっくんでス!!!!

今日は足がなんか痛い(泣)

今日は一気に冷え込んだのでその中朝練なんてことをしてしまい、、、

この記事書いてる間も痛くてしんどいww

 

もうすぐ試合と体育大会なので、、無理したくないですが、

 

さあネタ探しのためにネットサーフィンしてるわけですが

今回は全然見つからない。ううww

 

 

英語の名言!!

If you can dream it,you can do it.

夢を見ることができれば、きっと実現する。

 

あのミッキーマウスの生みの親

Walt Disney(ウォルト・ディズニー)の言葉です!!

今や世界的に人気なディズニーですが、ここまでの進化を遂げてきた裏には様々なストーリーがあったそうです。

 

ウォルトの生い立ち

 ユニオン・パシフィック鉄道の鉄道員イライアス・ディズニーの子としてイリノイ州シカゴで生まれる。彼は元々鉄道が大好き。ミニチュアの汽車に乗って遊ぶのが趣味だったそう。幼少期から絵を描くのがすきで、近所でも評判となっていた。後に絵画教室にも入り、本格的に絵を学んでいた。

 青年期では絵画教室に通いながら、新聞の漫画欄も担当していて才能を発揮した。アメリカの世界大戦参加により愛国心に駆られたウォルトは16歳で美術学校退学、兵に志願、しかし年齢か足りず、赤十字社の衛生兵となる。

 1920年1月、ウォルトとアイワークスはデザイン会社「ウォルト・アイワークス・カンパニー」を創立。共同経営者となった。アイワークスがすぐにアニメーターとして雇用されたので長くは続かなかった。その後、ウォルトもアニメーション関係へと進む。

 兄もロイ・ディズニーと共に「アリスと不思議の国」の販売のため、「ディズニーブラザーズ社」を設立。その後、アニメーター仲間を集め「ディズニー社」と発展していった。

 1966年12月15日、肺ガンによる肺炎でウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの完成をみないまま死去。享年66

 

 

というような感じです!!コピペではありません。

色々な経験をした人生ですね!電車に漫画、絵、戦争、そしてアニメーション。

思いっきり生きているっていう感じがすごく伝わってきます♪

 

とくにディズニーランドの完成は彼の一生に夢!見事かなえました!

これこそIf you can dream it,you can do it.ですね!

様々な苦難を乗り越え、夢へと向かっていったウォルトはまさに尊敬すべき人です!!

 

 

この格言とよくにていると思うんですが.....

日本にはこういう言葉があります

想像は創造を生む

想像(イマジネーション)と創造(クリエイト)を掛け合わせているんですねw

日本語ならではの表現ですw

これは大阪医専のCMでもよく見かけますね。

 

このような言葉は医療系でよく聞きます

中外製薬 「想像で創造を越える」などなど

いい言葉ですよね♪

 

 

今回の一曲は...

Charlie Puth - Marvin Gaye ft. Meghan Trainor


Charlie Puth - Marvin Gaye ft. Meghan Trainor ...

チャーリー・プースの歌声すきです!高音ですが穏やかで気に入っています!

 

 

今さっき地震ありましたねww

ビビったw

 

 

今回はここまで!

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪